幸福実現党 よしとみ和枝 Blog

幸福実現党よしとみ 和枝 オフィシャルサイト

よしとみ 和枝 Blog
最近の投稿

   2018年12月  






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31





幸福実現党
幸福実現党公式ホームページ
YouTube幸福実現党チャンネル
幸福実現党チャンネル
よしとみかずえ Blog


よしとみ和枝のブログが携帯電話でも読めます。
QRコードからご覧ください。




水巻、八幡、小倉南を街宣

 本日も、暑い、暑い一日でした。

支援者の皆様の思いも熱く、

感謝が込み上げてまいりました。

ありがとうございました。




小倉、門司、行橋街宣

福岡県には、いろんな顔があり、

たくさんの魅力があります。

この魅力をもっと引出していきたいです。




活動報告

本日は、小倉・門司港・行橋にてご挨拶させて頂きました!
以前よりも幸福実現党への関心が高まっていることを、ひしひしと感じます!

−−−−−

◎防衛費は国民を守るための予算

日本の政治家は国民を守るための安全保障体制づくりに正面から向き合っている様子は見えない。国防の議論は票につながらないと考えてか、あるいは"平和ボケ"しているのか、参院選においても国防に触れている政党はほとんどない。

悪意を持った独裁国家が軍事力を用いれば、他国を侵略し、「人を殺す」ことになるだろう。しかし本来、軍事力を維持するのは、侵略の意図を持つ攻撃から、自国や友好国の「人を救う」ためである。防衛費は「国民を守るための予算」だと考える国際常識が日本にも根付かなくてはならない。


活動報告

本日は、福岡早良・福岡西方面に、ご挨拶に伺いました!
また、午後には、党首・釈量子か駆けつけ、天神・博多・小倉にて街頭演説をさせて頂きました。たくさんのご支持、ご声援を頂きました!本当に有難うございました!

−−−−−

◎増税・バラマキ・マイナス金利にNO
3党の政策の最大の違いは、自民党や民進党は増税路線であって、幸福実現党は減税を主張していることでしょう。それは、自民・民進が国民に年金・医療・介護や子育て支援などをばらまくことに力を入れており、幸福実現党が個人や企業の力を引き出す経済政策を打ち出していることによるものと言えます。

消費税については、8%への増税時にも起きたように、増税をしても税収が増えず、財政赤字だけが増えるということが明らかになっています。民進党が、「消費増税が可能となる経済状況を作り出す」と、増税ありきで成長戦略を考えるのもおかしな話です。今の日本には増税ではなく、減税が必要です。
釈量子党首 来福

 本日7月1日(金)、幸福実現党 釈量子党首が

福岡で街宣します。

皆様、お集まり下さい。

よろしくお願い致します。


予定時刻

16:15〜16:45 天神イムズ横

17:30〜18:00 博多駅 博多口

19:00〜19:30 小倉駅 2F南口 








活動報告

本日は、大牟田・柳川・八女にてご挨拶させて頂きました!
5回目の選挙ですが、今回はたくさんの方にご支援頂き、今までと違うと感じております!
この日本のため、よしとみ和枝、精一杯頑張って参ります!!


−−−−−
国防の議論の時、憲法9条を引き合いに出して、国防強化に反対する勢力もあります。

しかし、憲法13条には「幸福追求権」があります。特に中国や北朝鮮などの近隣諸国が他国を侵略する野心をむき出しにしている現在の状況を考えると、正当な防衛力を持たなければ、何の抵抗もできずに日本人の基本的人権が奪われる危険性が高まる一方です。

"平和主義"を掲げる勢力の国防強化への反対は、国際情勢を完全に無視したもので、無責任と言わざるを得ません。

宗教として、大きな不幸を生む「悪」を見過ごすことはできません。日本の国民には、外国からの不当な侵害で、生命・安全・財産、領土の安全などが侵害されることなく、幸福に暮らす権利があります。幸福実現党は、こうした国民の権利を守るために、強固な国防強化の政策を訴えているのです。




活動報告

本日は、久留米・小郡にてご挨拶させて頂きました!

生憎の天気が続いておりますが、街頭演説や、集会に、たくさんの方が集まって頂き、幸福実現党の政策を聞いて頂きました。

−−−−−
◎有権者の「知る権利」「政治選択の自由」を奪っている

中日新聞は、2009年の衆院選、2010年の参院選、2011年の衆院愛知補選、2012年の衆院選、2013年の参院選の過去の国政選挙において、いずれも幸福実現党に対する差別的な報道を続けてきた。こうした偏向報道は、新しい立候補者の「政治参加の自由」を阻み、彼らの「言論・表現の自由」をも奪うことになる。

さらに幸福実現党は、他党にはない独自の政策を掲げている。こうした政策が紹介されないなら、有権者である読者の「知る権利」ならびに、「政治選択の自由」を奪うことになる。

腐敗した権力をチェックして民主主義を守るべきマスコミ自身が、既存政党や世襲政治家を積極的に応援し、それ以外の候補者を排除する。「黙殺権」を行使することで、政治権力におもねっているとしか思えない。

名古屋圏で圧倒的なシェアを誇る東海の雄・中日新聞が主観的な判断で、「公正・公平な報道」をしないことは新聞社としての誇りを捨てているのではないか。

健全な民主主義は、正しい情報が公平に国民に伝わっているという前提があってこそ成り立つ。こうした日本の健全な民主主義を守るためにも、中日新聞は、選挙報道における「公正・公平な報道」をすべきである。



活動報告

本日は、粕谷・大宰府にてご挨拶させて頂きました!

集会ではたくさんの方にお集まり頂き、なぜ減税が必要なのか、なぜ国防が必要なのか、なぜ憲法改正が急務なのかを、お伝え致しました。
二日市駅での街頭演説では、何人かの方々がわざわざ駆け寄って下さり、「頑張って下さい!」とお声をかけて頂きました。本当に有り難う御座います!


−−−−−






活動報告

本日は、田川・古賀にてご挨拶させて頂きました。
生憎の天気ではございましたが 街宣車からご挨拶させて頂くと、本っ当にたくさんの方々からお手を振り返して頂きました!
たくさんご支援を頂き、たくさんの元気を頂きました。
よしとみ和枝、精一杯、『国防・減税』を訴えて参ります!



−−−−−−−
◎原発動かなければ国力低下へ

現在、日本は火力発電に依存しており、エネルギー自給率が低い。石油を中東地域から輸入しているため、石油を運ぶ経路を自由に通行できなくなる事態が起これば、エネルギー危機に陥ってしまう。

また、このまま日本で原発が衰退すれば、日本の技術力の低下にもつながる。新たな技術者が生まれず、今いる技術者は海外へ流出し、国防力の低下にもつながりかねない。

エネルギー問題を抱える日本で原発が動かない中、輸出だけするのもおかしな話だ。国内でこそ、原発稼働を進めるべきではないだろうか。





活動報告

本日は、八幡・小倉南・水巻方面にご挨拶させて頂きました!


日本は、石油の約8割を、南シナ海のシーレーン(海上交通路)を経由して輸入している。中国が南シナ海を手中に収めれば、日本の生殺与奪の権は中国に握られてしまう。

このように南シナ海で緊張が高まる中、本来、日本の参院選において、各政党・各候補者たちは、国防政策のみならず、中国への態度を明確にしなければならない。毅然と立ち向かうのか、それとも、座して死を待つのか……。

国防という国家的課題に対して、真正面から向き合わない候補者には、この国の政治の舵取りを任せることはできない。いま、有権者に「新たな選択」が、求められている。

12345678

動画で見る幸福実現党
幸福実現党チャンネル
Loading...
携帯でも幸福実現等チャンネルその他の動画もYouTube幸福実現党チャンネルにてご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

YouTube幸福実現党チャンネル


Copyright(c)2010 よしとみ 和枝オフィシャルサイト.All Rights Reserved.